リチウムイオン電池主要4部材世界市場に関する調査を実施(2019年) 調査元. 発行元. 調査会社の富士経済がリチウムイオン二次電池の市場調査予測を発表。2022年の市場規模は2017年比2.3倍の7兆3914億円に達すると予測している。 lifepo4(リン酸鉄リチウムイオン電池)の登場により安全域が広く釘差しなどでも発火しにくい。他の正極材料を用いたリチウムイオン電池より比較的安全である事から近年シェアを拡大している。(wikiよ … リチウムイオン二次電池(LIB)用セパレーター(絶縁材)市場が“戦国時代”に突入した。中国や欧州の電気自動車(EV)シフトを追い風に、業界大手の東レや旭化成が2020年に向けて大型投資に乗り出す。 リチウムイオン電池業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。アンプレックステクノロジー(TDK)、パナソニック、サムスンSDI等の世界大手のリチウムイオン電池メーカーの一覧も掲載しています。, 「最新業界別売上高世界ランキング第2巻」に記載のリチウムイオン電池業界の売上高を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2019年の市場シェアを簡易に試算しますと、以下の順位となります。, 1位 LG化学 18.9%2位 サムスンSDI 17.5%3位 CATL 17.4%4位 TDK 13.6%5位 パナソニック 12.0%6位 BYD 8.6%7位 村田製作所 2.3%, リチウムイオン電池の世界首位は、LG化学となっています。シボレー・ボルトに車載用電池の供給を開始しました。米国、欧州、アジアでリチウムイオン電池工場を建設して、更なる成長を狙っています。2位は、サムソンSDIとなっています。サムソンSDIは、世界1位の自社スマホ向けのリチウムイオン電池の共有が成長ドライバーとなっています。車載用ではBMW向けの電池を供給しています。3位は中国のCATLです。車載用のリチウムイオン電池に強みを持ちます。4位は、TDKの子会社であるアンプレックステクノロジーとなっています。スマホ向けのラミネート型ポリマーリチウム電池に強みがあります。ラミネート型リチウム電池だけの世界市場シェア(電池のセル出荷数)では、2018年はアンプレックステクノロジーがシェア約4割をおさえ、2位以下のサムスンSDI(約15%)、BYD(約10%)、LG化学(約10%)を大きく引き離しています。5位は、パナソニックとなります。ノートPC、スマホ、車載用の全方位で、リチウムイオン電池を展開しています。民生用が中心だった主戦場が、車載用にシフトしていくなかで、車載用は米国のテスラとリチウムイオン電池のギガファクトリーを運営し、一気に規模拡大を狙っています。5位は中国のBYDとなります。車載用のバッテリーに強みを持ちます。, なお、2007年のリチウムイオン電池の世界シェアのランキングは、1位は三洋電機、2位はソニー、3位はサムスン、4位はパナソニック、5位はBYD、6位は日立マクセルとなっていました。市場規模は当時は1兆円程度、パソコンなどの小型電機製品向けのバッテリーがメインでした。市場規模の拡大にともない、1位と2位が、買収や撤退をしていった構図が読み取れます。, 当サイトでは、調査会社等の公表データを参考にし、リチウムイオン電池業界の2019年の世界市場規模を367億ドルとして市場シェアを計算しております。参照にしたデータは以下の通りです。調査会社のグランビューリサーチによれば、2019年の同業界の世界市場規模は、329億ドルです。2020年~2027年に13%の成長を見込みます。また同社によれば二次電池の2019年の市場規模は1084億ドルとなっています。調査会社のアライドマーケットリサーチによれば、2019年の同市場規模は367億ドルです。2027年にかけて年平均18%で成長すると予測しています。両調査会社の成長率からも推察できる通り、今後の世界的なEV(電気自動車)へのシフトによって、市場規模が急拡大する可能性があります。例えば、欧州では2030年までに乗用車向けCO2をキロメーターあたり50%削減、また中国では2035年までにガソリン車を禁止する計画を検討しています。リチウムイオン電池は、蓄電池、UPS(無停電電源装置)、バックアップ電源用としても活用されています。, 1991年にソニーが商品化に成功したリチウムイオン電池には、大量生産に向くものの、コバルト等の原材料が高騰したり、性能向上に限界があると言われています。そこで、全個体電池やナトリウムイオン電池といった新世代の蓄電池の開発が急がています。ナトリウムイオン電池、硫黄系電池、空気電池、全個体電池等が次世代電池として有望です。全個体電池は、固体電解質を使うことで、液漏れや気化リスクを軽減でき安全性が増すとされます。電極の隔離板も必要ないため、電池の小型化に向きます。さらに低温や高温への耐久力や大容量化にも向いています。一方で、製造方法が未確立や振動に弱いという欠点を抱えています。ナトリウムイオン電池は、原材料はナトリウムで豊富で、電力容量も大きくできるが、電圧の低さや重さ等の点で更なる改良が必要とされています。2018年6月に、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)がトヨタ自動車やパナソニックと全個体電池の開発を始めると発表しました。トヨタ自動車は全個体電池にかかる多くの特許を取得しています。, Samsung(サムスン電子)は、韓国を代表する総合家電メーカーです。スマホ、半導体、テレビ、白物家電など、最終商品まで手掛けていることが強みです。2016年に車載向けの音響に強いHarman Internationalを買収しています。スマートフォンの分野でも世界トップクラスです。NANDフラッシュメモリー、SSD、DRAMでも世界1位を長らく維持しています。通信基地局では、エリクソン、ノキア等の欧州勢、ファーウェイ等の中国勢を追い上げる立場にいます。液晶テレビでは長らく世界最大手の地位を維持しています。CMOSイメージセンサー分野では先行するソニーを追い上げています。プリンター事業はHPへ売却し撤退しました。, ファンドリ(半導体製造受託)分野にも積極的に投資を行い、台湾のTSMCを追い上げています。但し、サムソンへの製品の製造委託をすることは、最終製品も手掛けるサムスンへ技術が流出する懸念もあり、規模ではTSMCに劣っています。, 液晶はサムスンディスプレーが担当しています。2012年にSamsung Mobile Display(サムスン・モバイル・ディスプレー)を吸収し、中小型から大型の液晶を製造・販売しています。テレビ向けが中心ですが、有機ELパネルの分野では、スマートフォン向け商品に強みを持ちます。江蘇省のCSOTとの液晶合弁事業の持分を売却し、大型液晶ディスプレーからの撤退を検討しております。, Samsung SDI(サムスンSDI)は、サムスンのグループ企業です。ノートPC、スマホの分野でのリチウムイオン電池に強みを持ちます。車載用のリチウムイオン電池は主にBMWに供給しています。車載用のリチウムイオン電池も強化をしており、主にBMWに供給しています。サムスン向けにフラットパネルや半導体向け部材も供給しております。 5. 急速なevシフトに伴い、その中核を担う車載電池には、多くのメーカーが乱立している。2019年は、中国などの市場状況を鑑みると、その勢力図が明確になりそうな1年だ。 矢野経済研究所は12月2日、リチウムイオン電池主要4部材の世界市場を調査し、車載用などのリチウムイオン電池セル用途や主要4部材の出荷動向、国別の設備投資、部材価格の動向などを発表した。, それによると2018年のリチウムイオン電池主要4部材世界市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比34.2%増の196億6742万4000ドルと推計。, リチウムイオン電池の世界市場は2016年以降、車載用が牽引するかっこうで成長が続いている。車載用はこれまで、補助金政策で成長を続けた中国市場で2019年からは環境規制が施行され、外資系自動車メーカーの電動車ラインナップ分の需要が動き始めている。, 欧州では乗用車のCO2排出量について2021年の目標値を平均95g/kmとする規制を実施予定で、2020年代前半までは欧州でも自動車メーカーの電動車の拡大が続くと見られ、車載向け主要4部材需要も引き続き拡大すると予測する。, 2018年のLiB主要4部材世界市場(メーカー出荷数量ベース)も、引き続き中国メーカーが存在感を維持している。出荷数量における国別構成比で、中国は正極材が63.6%、負極材が74.0%、電解液が69.7%、セパレーターが56.7%で、6割以上となっている正極、負極、電解液に続き、セパレーターも2018年で6割に迫る勢い。, 日本はセパレーターが引き続き30%台を維持しており、他の部材は10数%~20数%台。今後、欧州自動車メーカー、日系自動車メーカーの車両電動化で車載用セル向け需要増が日系部材メーカーの伸びをけん引すると予測する。, 将来展望では、2019年からの中国の環境規制や、欧州で2021年に予定されている乗用車のCO2排出量の厳しい規制値によって世界市場では2020年代前半まで、自動車メーカーの電動車ラインナップが拡大する見通し。これに伴って車載用の生産拡大が続くことで主要4部材需要の拡大は今後も続くと予測する。2022年の世界市場は334億0356万1000ドルと予測する。, ただ、これまで電動車市場をけん引してきた中国で補助金制度が終了した後、容量よりもコスト重視の観点からLFP正極材や乾式セパレーターが見直される可能性があると指摘する。また、世界的にはハイブリッド車が中長期的に成長する可能性も考えられ、この場合、これまでの高容量一辺倒の開発とは違う方向での取り組みが求められることが予想される。, これまでの容量価値に加え、今後の電池開発ではリユースの観点から寿命価値という新たな開発の方向性が加わる可能性があり、主要4部材に対する需要も変化する可能性があると指摘する。, 2020年度末のリース車両保有台数、前年比3.7%減の374万台…コロナ禍の影響 矢野経済予測, 2020はOTA元年:CASEの本質は電動化や自動運転ではなくソフトウェア…矢野経済研究所 主席研究員 森健一郎氏[インタビュー], 大盤振る舞いの購入補助金…EV最大80万円、PHV40万円に倍増、FCVも250万円に引き上げ[新聞ウォッチ], スバル WRX に2021年型、「WRX STI」もまだ買える…2021年3月米国発売, 【ホンダ N-ONE RS 新型試乗】MTビギナーにもトライして欲しい1台だ…まるも亜希子. Global Li-ion Power Battery Market Report 2019 - Market Size, Share, Price, Trend and Forecast 世界のリチウムイオン電池市場2019:市場規模・シェア・価格・動向・予測 スマートフォンの分野でも世界トップクラスです。NANDフラッシュメモリー、SSD、DRAMでも世界1位を長らく維持しています。通信基地局では、エリクソン、ノキア等の欧州勢、ファーウェイ等の中国勢を追い上げる立場にいます。液晶テレビでは長らく世界最大手の地位を維持しています。CMOSイメージセンサー分野では先行するソニーを追い上げています。プリンター事業はHPへ売却し撤退しました。, 韓国企業モノづくりの衝撃~ヒュンダイ、サムスン、LG、SKテレコムの現場から~ (光文社新書), トコトンやさしい2次電池の本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ) [単行本], 二次電池市場・技術の実態と将来展望―次世代・二次電池市場/予測・関連部材・応用製品〈2015〉 (市場予測・電力自由化シリーズ) [単行本]. リチウムイオン電池カソードの世界市場 - 市場シェア、戦略、予測:2019年~2024年 Lithium Ion Battery Cathodes: Market Shares, Strategies and Forecasts, Worldwide 2019 to 2024 2019年 10兆974億ウォン(4.6%), パナソニックは日本を代表する電機メーカーです。過去松下電工や三洋電機と統合し、総合電機メーカーとして世界的なプレゼンスを有します。アプライアンス、オート、インダストリアル、通信ソリューションで事業部制をひいております。, 香港に本拠を置く小型リチウム電池メーカーです。日本のTDKの子会社です。スマホ向けのラミネート型ポリマーリチウム電池等に強みを持ちます。ギャラクシーノート7発火事件の際に、サムソンSDIに代わりリチウム電池をサムスンに供給しました。「ラミネート型」のリチウムイオン電池に特に強みを持ちます。, LGグループは1952年にク・インフェ氏によって設立された韓国を代表する財閥グループです。1958年にLuckyとGoldStarが経営統合をして設立されました。電機事業、化学事業、通信事業が3本柱です。子会社は、家電メーカーのLGエレクトロニクス、電子部品の製造を手掛けるLGイノテック、液晶ディスプレイを手掛けるLGディスプレイ、総合化学メーカーのLG化学など多岐にわたります。, 電機事業(LGエレクトロニクス):冷蔵庫等の白物家電業界では上位に位置しています。電子レンジや食洗機、スマートフォンや家庭用エアコン等を含む家電業界でも、フィリップスやハイアールと並び、世界上位に位置しています。テレビ製造や液晶パネル分野(LGディスプレイ)でも、サムスンと並び世界上位に位置しています。, LGディスプレイ:韓国LGエレクトロニクス傘下の液晶メーカーです。サムスンディスプレイと双璧です。テレビ向け液晶に強みがあります。中小型液晶分野では日本の液晶メーカーとも競合しています。2008年まで蘭フィリップスと提携していました。テレビ向けの大型有機ELに強みを持ちます。, 化学事業(LG化学):シリコンウエハ業界、偏光板業界やリチウムイオン電池業界では、日系企業と並び、世界トップクラスのシェアを維持しています。リチウムイオン電池にも注力をしており、スマートフォン向けや現代/起亜、ルノー向けの車載用に開発が進められています。, 株主構成:創業ファミリーであるクー一族が、持株会社であるLGの株式を約50%保有しています。LGを通じて、LG化学、LGエレクトロニクス等のグループ会社の持分を保有し、緩やかなLGグループを構成ししています。, ノートPC・スマートフォン向けのラミネート型リチウム電池に強みを持っています。2016年にリチウムイオン電池事業をソニーから買収しています。, BYD(比亜迪)は中国の電気自動車メーカーです。車載用のリチウムイン電池の製造から始まり、EV電池、電気自動車製造の一貫生産体制に強みです。電気自動車を含む新エネ車の分野では、世界最大規模を誇ります。ウォーレンバフェット氏が投資をしたことでも有名です。, 寧徳時代新能源科技(CATL)は日本のTDKの携帯電話向け電池製造子会社であるアンプレックステクノロジー(ATL)から分社化して2011年に誕生した中国の車載用リチウムイオン電池メーカーです。中国ではBYDと規模を競っています。2017年にBMWが、2018年にはホンダがCATL製のEV電池を採用しました。2018年に日本にも進出。電池の権威であるロバート・ガリエン氏をはじめ、独コンチネンタル、仏ヴァレオ等から積極的に技術者を採用しています。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 世界の冷凍食品(冷凍野菜、冷凍ビザ、冷凍ギョウザ等)メーカーの世界市場シェアと市場規模の情報について分析をしています。ネスレ、ノマドフーズ、コナグラ・フーズ、 マケイン・フーズ、ニチレイ等世界大手冷凍食品メーカー概要も掲載しています。, NANDフラッシュメモリーの世界市場シェアと市場規模と業界ランキングについての情報について分析をしています。Samsung Electronics(サムスン電子) 、キオクシア 、ウェスタンデジタル(旧サンディスク) 、SKハイニックス 等の世界の主要なNANDフラッシュメモリーの動向も掲載しています。, ガラス容器業界の概要・市場シェア・市場規模について分析をしています。ガラス容器大手メーカーであるオーエンズ・イリノイ、アルダー・グループ、ヴェラリア、ビドララ等についても最新の動向も記載しています。, バイク・オートバイ・二輪車メーカーの世界市場シェア、市場規模、業界ランキングや動向を分析しています。ホンダ、ヤマハ、ヒーロー、バジャージ、大長江等世界大手の二輪車メーカー動向も掲載しています。, 肥料業界の世界シェア、売上高ランキング、市場規模と業界再編の情報を分析しています。ニュートリエン、ヤラ、アグリウム、モザイク、ウラルカリー、イスラエルケミカルズ等世界大手の肥料メーカー動向も掲載しています。, 水産業界、水産加工業界の世界市場シェア、市場規模について分析をしています。マルハニチロ、タイユニオン、モウイ(旧マリンハーベスト)、日本水産、トライデントフーズ等世界の主要水産会社一覧も掲載しています。. 2019年のノーベル化学賞では、リチウムイオン電池の開発に貢献した吉野彰氏・旭化成名誉フェローら3名の研究者が選ばれました。 リチウムイオン電池セパレータの動向と展望(2010~35年度) (1) リチウムイオン電池セパレータの動向と実態 ①リチウムイオン電池セパレータ世界市場推移予測(数量・金額) ②リチウムイオン電池セパレータ世界メーカーシェア(金額) リチウムイオン電池主要4部材市場---2022年に334億ドルと予測 矢野経済 2019年12月3日(火)11時45分 リチウムイオン電池はスマートフォンや電気自動車(EV)などの電源として欠かせない存在になっています。スマートな社会を代表するインフラといえ、2019年のノーベル化学賞の対象にもなりました。リチウムイオン電池の実用化には、… 世界のリチウムイオン電池市場は、2011年4兆4,333億円(実績)、2014年5兆2854億円(予測)、2017年には6兆4,012億円と3年ごとに約1兆円の市場拡大の予測をしています。 車載用に限れば、富士経済は「phvやhvでもリチウムイオン二次電池搭載車がラインナップされつつあり、2013年以降も確実に … 日本および韓国、中国、台湾有力リチウムイオン電池(以下LiB)用セパレーター12社の現在の動向と今後の事業施策を徹底調査し、更に周辺調査を加えることで世界LiB用セパレーター市場の現状と今後の動向を把握することを目的とする。 株式会社 矢野経済研究所. リチウムイオン電池の市場戦略・市場シェア・市場予測 (2020~2026年):電気自動車・スマートフォン・ストレージプラットフォーム Lithium Ion Batteries: For Electric Vehicles, Smart Phones and Storage Platforms, Battery Market Shares, Market Strategies and Market Forecasts, 2020 to 2026 2019年12月 「 2017年の車載用リチウムイオン電池(Lithium-ion Battery、以下 LiB)世界市場規模は容量ベースで前年比123.1%の57.4GWhであった。(図表1参照)自動車の電動化を促進する世界各国の環境規制の強化とxEVに対する各種の優遇策などが功を奏し、深刻な大気汚染問題の改善が急務となっている中国、温室効果ガスの大幅な削減目標を掲げ世界で最も厳しい燃費規制を実施する欧州を中心にxEV市場が拡大し、車載用LiB世界市場も成長を続けている。 しかし、乗用EV向けLiB市場は高い水準で推移しているのに … 2019年11月更新。リチウムイオン電池の材料である正極材、負極材、セパレータ、絶縁材業界の世界市場シェアとランキングのまとめ。旭化成、東レ、韓国sk等世界大手のセパレータメーカーの動向も掲載。 サムスンSDIの直近の売上高と営業利益率(括弧内)は以下の通りです。, 2018年 9兆1582億ウォン(7.8%) 発行日. Global Li-ion Battery Slitting Machines Market Report 2019 - Market Size, Share, Price, Trend and Forecast 世界のリチウムイオン電池スリッター市場2019:市場規模・シェア・価格・動向・予測 Res. 矢野経済研究所. 韓国のバッテリー業界専門市場調査機関「SNE Research」が5月7日に発表した報告書によると、2020年第1四半期、韓国LG化学(LG Chem)のリチウム電池の搭載量が中国車載電池大手の「寧徳時代(CATL)」、日本のパナソニックを抜き、世界トップに躍り出た。 米テスラの「Model 3」、仏ルノーの「Zoe」 業界リサーチ「リチウムイオン電池」売上高ランキング2018 企業一覧 リチウムイオン電池とは、 高出力・大容量が特徴の電池をいいます。 主にスマートフォンなどのモバイル機器に使われている電池で、リチウムイオン電池は、正極と負極の間を動いて充放電します。 「【業界図鑑】化学業界 ~ 日本の命運を握るリチウムイオン電池材料メーカー」のご紹介です。株式、FX(くりっく365)、日経225先物・mini等、業界最低水準の手数料で提供。最先端トレーディングツールを備え、システムの安定性も重視。厳選した投資信託100銘柄以上。 2019年10月29日12時23分 【特集】 「全固体電池」がランキング5位、ev向けポスト・リチウムイオン電池で脚光<注目テーマ> リチウムイオン電池の電極の開発に重要な役割を果たしました。 K. Mizushima & et al., Mat. 1. 市場シェア・ランキング 「最新業界別売上高世界ランキング第2巻 」に記載のリチウムイオン電池業界の売上高を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2019年の市場シェアを簡易に試算しますと、以下の順位となります。 1位 lg化学 18.9% 2位 サムスンsdi 17.5% Copyright © 2020 業界再編の動向 All Rights Reserved. リチウムイオン二次電池(lib)は、正極活物質にlcoやnca、nmc等の「リチウム-遷移金属複合酸化物」、負極活物質に黒鉛(グラファイト)、電解液に有機系電解液を使用している。公称電圧は3.6~3.7vである。 … こちらはサンプルです。 Bull., Vol.15, pp.783 -789(1980) 当社は、負極にチタン酸リチウムを採用した 日立のリチウムイオン電池事業 2019年07月08日 14:42; 2018年12月に日産自動車、スズキにhv用のリチウムイオン電池の販売を行っていた日立ビークルエナジーをincjとマクセルに売却。

イオン銀行 フラット35 繰り上げ返済, 映画館 席 コロナ, 名古屋 事件 リアルタイム, What Does It Mean 日本語, リニア 鉄道館 対象 年齢, 鬼滅の刃 映画 津南, 肉料理 レシピ 豚肉, うた プリ 動画 サイト,